読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の仕事は戦場で戦っているようなものだ

年末年始になり、休暇に入った。幸運なことに、年末年始は長期休暇が取れる。その時ばかりは、仕事のことは忘れるのだが、ふと「今の仕事は戦場で戦っているようなものだ」という気持ちが沸き起こる。

 

誰もがそうかもしれない。特に、サラリーマンは。私の今の職場は、舐められたら最後、沢山仕事が降りかかってくる。そう、仕事の役割分担がはっきり決まっていない。このため、人間関係(=力関係)によって仕事量が決まってくる。

こういう職場だから、テレワークとかはあり得ない。毎日、職場に出勤し、自分の縄張りを確認し、今の業務量を死守する。少しでも、業務量が増えようものなら、口を尖がらかして抵抗する。そうしないと、誰かが楽をして自分が損する。

 

こういった、職場の縄張り争い、きっと今の会社を辞めたら、ほぼ無意味なスキルなんだろうなぁ。

定年後の職業は、まだ何にするかは決めていないけど、個人事業主になりたいことだけは決めている。自分で何でもやって、自分で決断することをやってみたいのだ。