読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場のどろどろ

職場で、上司に直訴メールを出して、自分の業務を楽にしようとしている人がいた。

それを知るきっかけは、上司宛に出したメールを印刷したまま、共有プリンタの排出口に出しっぱなしにしたからである。

 

メールには、上司からの回答として、室内の暇そうな人をその人のサブにあてがうというものだった。

 

確かに、暇そうな人がいるのは事実。

しかし、効率化と銘打っておきながら、効率化せずに他者に仕事を振り分けるのは如何なものか?

 

上司は、来週その暇人に業務振り分けの話をするそうだ。どうなるか見物。

しかし、業務振り分けは単独で上司の独断というわけではないのだな。誰かの直訴が起こってから、上司が考えるというパターンもありなんだな。

 

広告を非表示にする