加藤諦三さんの本で一度は購入した本

不安のしずめ方 ~ 人生に疲れ切る前に読む心理学

成功と失敗を分ける心理学 ~ 不安を掻き立てられやすい人の特徴

「あたなを気づ付ける人」の心理 ~ きずな喪失症候群

たくましい人 ~ 弱い人との違いは何か

ずるい人に騙された時どう生きるか ~ 怒りと悔しさの心理

50歳からちょっと心を休ませる本

 

基本は、人には搾取する人と搾取される人がいるから、搾取する人間から離れ、かつ搾取される人間にはなるなと書いてある気がする。

20代よく読んだ。人は信じないに限る。

 

シーベリーの言葉「休息をとる”然るべき”時などない」

カレン・ホルナイ「神経症者は自分だけは特別の資格があると要求する」←騙されやすい

神経症的競争

①他人をいつも自分と対立させて考える

②自分が例外的な存在でなければ気が済まない

③野望の中に含まれている敵意、自分が成功することよりも他人が負けること、失敗することが大切

著者の言葉

「すべての人から好かれたい」と思うのは自分がないからだ

ナルシストが愛しているのは「鏡に映った自分」である

ほめてくれる人間にばかり近づくのは危険なことである

幸運は潔い断念から生まれる

甘えた人間は不運の犠牲者になる